正しく治すことが可能|治療ができる歯科クリニック

健康的な歯を維持して老後を楽しむ

痛みからいち早く改善

ヒトが生まれたときは、口の中に虫歯菌が居ない状態だと言われています。虫歯菌は最初から存在していませんが、保護者が口に入れたスプーンやフォーク、お箸などから赤ちゃんの口へ虫歯菌が移されます。
虫歯菌は食べかすを栄養とするため、歯磨きを怠ってしまうと健康だった歯も虫歯になってしまいます。歯と歯茎の隙間や、歯と歯が合わさる噛み合わせの部分が特に食べかすの溜まるポイントです。
また、歯の裏側も鏡で確認しなければ汚れの度合いが分かりません。歯磨きは、ゆっくり丁寧に時間をかけて磨くことが虫歯予防に繋がります。
歯科や歯科クリニックでは、歯磨き指導が行われているので対策や予防策として正しい磨き方を習っておくとよいでしょう。

虫歯は歯に広がって、黒く変色させてしまいます。食べ物を噛み砕けるほど硬い歯でも、虫歯がまわると痛みが出て食べ物を食べられない状態になります。飲み物を飲んだときでも、染みてしまうので思うように栄養が取れません。
歯につながっている神経から、骨部分まで侵食してしまうので歯を抜いたり、神経を取ったりする必要が出て来ます。
歯科では神経を抜いたり、歯を抜いたりする手術が受けられます。歯は高齢まで残っている方がよいため、虫歯の進行が軽度なら削るだけで済みます。
神経の痛みは、体の中で1番痛いと言われているので早めの治療が必要です。口内の手術といっても、歯茎に麻酔を注射で打つので痛みは最初だけで、あとは何も感じることはありません。
出来るだけ多くの歯を残すためにも、歯科クリニックで早めの治療をうけておくと痛みも感じずに済みます。