正しく治すことが可能|治療ができる歯科クリニック

健康的な歯を維持して老後を楽しむ

美しい歯並び

歯科や歯科クリニックでは、方向がバラバラに生えてしまった歯でも向きを統一する矯正治療が受けられます。口を開いたときに、歯の向きがバラバラだと食べ物を食べるときの噛み方や、言葉の発音にも影響を与えてしまいます。
歯並びがバラバラな状態は、海外ではすぐに矯正歯科の対象とされます。海外では、日本の倍以上に矯正治療に関する捉え方が積極的に行われています。保護者だけではなく、小さい子どもでも進んで治療を受けるほど意識されている分野です。
外見を整える際の身だしなみにも歯並びは影響しており、ワイヤーやマウスピースでの矯正が歯科で行われています。

矯正歯科で古くから現在でも行われている治療方法が、ワイヤーを使った矯正術です。歯と歯に金具を取り付け、その取付た金具をワイヤーでつなぎ合わせます。
食べ物を食べるときや、飲み物を飲むとき、寝るときや普段の生活で取り外すことはありません。ワイヤーは定期的にメンテナンスを行いますが、数年間はワイヤーを取らずに固定したまま生活を過ごします。
歯科やクリニックで掃除をしてもらうこともできるので、口内を清潔に保ったまま歯並びをよくすることができます。

ワイヤーが苦手に感じた人は、マウスピースを選ぶことが可能です。マウスピースは、ワイヤーのように繋ぎ止めることはせず、歯型に合わせた透明な型を口にはめ込むだけです。
色が透明なので、はめ込んでいても人にバレることはありません。自然な口元なので、ストレスを感じることなく矯正が行えます。